クッキーはウェブサイトのデザインとパフォーマンスを最適化するために使用されます。ウェブサイトを引き続きご利用になることによって、クッキーの使用に同意したこととなります。
OK
Alpha ID

DISCIPLINA
学歴・職歴・資格を検証した個人プロフィールを作成する、全く新しいブロックチェーン

公式トークンアドレスのリスト:
DISCIPLINA ERC20 (ETH) — DSCPL
DISCIPLINA BEP20 (BSC) — DSCPL
DISCIPLINA Classic ERC20 (ETH) — DSCP

他のすべてのDISCIPLINAトークンはクローンです! 注意してください!

公式チャットは1つだけです: https://t.me/disciplinaofficial
DISCIPLINAα版がご利用いただけます
今すぐ試す
DSCPL LP-リワードプログラム
チュートリアル 参加する →
トークンスワップゲート
チュートリアル スワップ →

私達のパートナー

DISCIPLINAの実装者

チーム

チーム
パートナー
イリヤ・ニキフォロフ
共同創設者
卸売・小売業並びにe-コマースで16年の経験を持つ実業家。
ドミトリー・ゴルドヴィッチ
共同創設者
投資管理にて15年の経験を持つ銀行家。
アルセニ・セルカ
Serokell
エンジニアリングVP
Cardanoのリード・デベロッパー
機能プログラミングとグローバルネットワーク開発の専門家。情報技術大学ITMOの修士号を保持。現在、国際プロジェクトの責任者。
Mr. J
CTO
ミハイル・ボルホフ
バックエンドデベロッパー
元CARDANOコア開発者
Serokellコア開発者
ドミトリー・ムクートディノフ
チームリーダー
元CARDANOコア開発者
Serokellコア開発者
コスタ・イワノフ
バックエンドデベロッパー
元CARDANOコア開発者
Serokellコア開発者
ジョアキム・ゴールドクール
バックエンドデベロッパー
Serokellコア開発者
ジョン・バーナム
バックエンドデベロッパー
Serokellコア開発者
キリル・アンドレイフ
バックエンドデベロッパー
Serokellコア開発者
ローマン・アルターマン
ブロックチェーンプロジェクト責任者
ヴァシリ・ミハイロフ
プロジェクトマネージャ
キリル・クフシノフ
ブロックチェーンデベロッパー
ソン-ドゥ
Blockchain技術専門家
ノ・ソヨン
韓国語サイト編集長
ティー・ポン
中国チーフエディター&コンテンツマネージャー
マヌエル・パラ
スペインのチーフエディター
ティモ・ベッカー
スペイン語翻訳者
アカデミーは、世界初のブロックチェーンの認可校です。開発者や経営者、政府や大学に対し、それぞれに応じたブロックチェーン教育を提供し、かつ、職を求める同校の卒業生と、雇用を検討している企業とを結び付け、世界的なブロックチェーンの教育危機に対するしっかりとしたソリューションを提供します。
Serokellは関数型言語、特にHaskellを主に使用しているソフトウェア開発会社で、Cardanoをはじめとする仮想通貨開発の実績を持ちます。同社の戦略は、「科学的根拠のあるプロジェクトのみに取り組む」であり、教育・リクルーティング分野における新世代のブロックチェーン開発の鍵となっています。
Next Chymia Consulting HK有限会社-ブロックチェーンならびに金融サービス分野における国際的なコンサルティンググループ
HappyModはブロックチェーン・マーケティングやコミュニティとの連携において、世界をリードしています。同社の仮想通貨専門家からなるチームは多様なスキル・能力を持ち、高いレベルのサービスを提供しています。そのサービスは、プロジェクトの技術的なレビュー、ソフトウェア開発、コミュニティの適正化、ソーシャルメディアのサポートなど多岐にわたります。
Renaissance Digital Assetsはブロックチェーンの投資・顧問会社です。投資の対象とする企業に対し、広範なICO顧問サービスを主に提供します。
Kosmos Asset Managementはシドニーを拠点にする投資管理会社で、大規模な投資家のみを対象とし、株式のポートフォリオを管理しています。

顧問

ケンジ・ササキ
Cardanoの共同創設者、Next Chymia Consulting HKのCEO。アジア市場におけるマーケティング、プロモーション、ブロックチェーンに関するコンサルタントを担当。
ジェイソン・キング
Sean's Outpost並びにUnsung.orgの共同創設者、Academyという世界初の認定ブロックチェーン大学の共同創設者。ブロックチェーン技術を人道的活動に利用する先駆けとなる。また、ブロックチェーン開発者不足に対処する方法に取り組んでいる。趣味は、旅行、慈善活動、ブロックチェーン技術を伝えること。
アントニオ・メンエンドス・シエラ
銀行、小売、不動産、FMCGとキャリアを推し進める中で獲得したトレーニング・コーチングにおいて、豊富な経験を持つ。企業ブランドの構築、リクルート、人事分野の専門家でもある。法律学士、バンキング・金融の修士号を保有している。人と成果を自然な形で結びつける稀有な才能の持ち主。
ジョージ・バシラゼー
金融専門家。CryptopayのCEO - 仮想通貨のストレージ・使用のための機能を備えたデジタルウォレットサービスのプロバイダー。Wert.io - 創設者
「2030年までに、インターネット上の最大手企業は、私達がまだ聞いたこともない教育をベースとした企業であろうと予測しています。」
トーマス・フレイ DaVinci Instituteの上級未来学者

DISCIPLINAについて

DISCIPLINAは、教育とリクルーティング業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。DISCIPLINAは作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発されており、こうした業務の特異性を考慮しています。
ビットコインBTC イーサリアムETH NEO EOS DISCIPLINADSCPL
スマートコントラクト
安い取引手数料
PoSコンセンサス
Web of Trust
プライベートチェーン

プロジェクトのミッション

多機能型ブロックチェーンの作成により、統一の形式で学校の成績や資格を登録・保管を可能にし、プラットフォーム上のすべてのユーザーが利用できる評価システムを構築します。

達成目標

  • デジタル形式で個々人の成績や資格等を保管し、パフォーマンスや信頼性を保証するユニバーサルブロックチェーンを作成
  • 専門分野別に対象者を検索できる効果的なアルゴリズムを提供
  • 教育機関が保存したデータを収益化する仕組みを開発

プラットフォームのメリット

デジタル形式で個々人の成績や資格等のデータを保管することができます。また、統一プラットフォームはその個人のパフォーマンスや信頼性を保証し、これを介して対象データにアクセスすることができます。
対象者の資格や専門分野によって効果的に検索できるツール。
DISCIPLINAはオープンソースのプラットフォームです。教育機関やリクルート業界の関係者がそれぞれのプロジェクトにおいてブロックチェーンを使用することができます。
学生の成績を保管したデータは、リクルーターと取引することによって収益化することができます。全ての関係者が義務を遂行することが保証されており、国内のみならず、外国への支払にも対応しています。
評価、フィードバック、学生の成績における情報の信頼性が高い。
対象とする教育についてマイルストーンを作成し、学生がそれを達成したら、特定の組織で職が保証されるという仕組みを構築できます。

エコシステムの参加者

学術機関

公立並びに私立、オンライン、オフラインの如何を問わない組織、子どもの教育機関、大学、学術団体等

家庭教師

オンライン並びにオフラインの家庭教師、コーチ、インストラクター、教師、心理学者、指導者等

学生

勉強している人や、自分や友人や家族のための教育プログラムを探している人

リクルーター

人材バンク、民間人事専門家、人材検索並びにリクルートのためのプラットフォーム、雇用主や起業家

エコシステム

DISCIPLINAは、学生、(家庭教師を含む)教育機関、雇用主並びにリクルーターを結び付けます。ユーザーは互いに交流することが可能なだけではなく、便利なインターフェースを備えたアプリケーションから、幅広い機能を持つDISCIPLINAプラットフォームを利用することもできます。

DISCIPLINAはオープンソースのブロックチェーンで、誰でもアプリケーション開発の基礎として使用することができます。TeachMePleaseはDISCIPLINAブロックチェーンプラットフォーム上に構築される教育分野初のプロジェクトです。

テクノロジー

独自のブロックチェーンアーキテクチャを開発するのはなぜですか?

DISCIPLINAは、課程、学生の課題、成績、試験結果などの機密情報を保管します。そのため、トランザクションに自由にアクセスでき、かつそれを保管するパブリックブロックチェーンソリューション(EthereumやEOSなど)は利用できません。同時に、Hyperledgerなどのプライベートブロックチェーンソリューションにおけるデータは、十分な検証が行えないため、これも利用することができません。

スキーム要素をクリックしてDISCIPLINAの仕組みを学ぶ
学生 教育機関 立会人 リクルーター プライベートレイヤー パブリックレイヤー プライベートレイヤー パブリックレイヤー 学生 教育機関 立会人 リクルーター

DISCIPLINAテクノロジー

プルーフ・オブ・ステーク

Disciplinaはプルーフ・オブ・ステーク方式のブロックチェーンです。つまり、トランザクションは速く、エネルギーを消費するマイニング・ファームを必要としません。ステークデレゲーションを必要とせず、いかなるノードもネットワークに参加し、トランザクションを検証することが可能です。プロトコルにおける参加者を増やすため、オンライン状態を保ったまま、ブロックを生成するノードに対して報酬を与えます。この報酬可能性は、参加者の保有するステークに比例します。

2層のアーキテクチャ

DISCIPLINAはプライバシーを尊重します。そのため、同社はアーキテクチャにプライベート層とパブリック層を作っています。この2層のアーキテクチャは、データのプライバシー並びに妥当性の両方を保証するべく、密接に作用します。プライベート層には実際のデータが保管され、パブリック層には、データの改ざんを防ぐべく暗号化されたプルーフを保管します。

Web of Trust

私達は、偽りの教育機関を見つけ出し対処するための中央管理組織を設けてはいませんが、代わりに、ウェブ・オブ・トラストと呼ばれる評価システムをアーキテクチャのコアに組み込んでいます。教育機関は全て、スキルを評価する他機関についてコメントをつけることができます。こうしたコメントに基づいて、システムが参加者の評価を作ります。評判の高い教育機関は、エコシステムにおいて、より大きなウェイトを占め、影響力を持ちます。

公正なデータ開示

DISCIPLINAは、これまでにない新たなデータ開示アルゴリズムを使用しています。これによってプライバシーを守り、教育機関がデータを開示する際に不正をすることができないようにします。更に、関係者に開示されたデータが妥当かどうかについて判断を下すツールとしてブロックチェーンを利用します。ここで私達にとって何より重要なことは、こうした作業のために、プライベートな情報をパブリックに公開する必要がないということです。

高保証コード

ブロックチェーンと暗号通貨においては、1つの小さなエラーが大きな損害に繋がることがあり得ます。このため、高保証のソフトウェア開発技術が必要となるのですが、私達のブロックチェーンのコードは、Haskellで書かれています。これは、タイプセーフで機能的なプログラム言語で、コンパイル時にほとんどのエラーを検出するのに優れています。また、形式仕様言語であるため、システムがどのように動作すべきかといったことについて明確に理解できるようにさせ、機能を実装開始する前でさえ、その機微について明確にすることが可能です。
DISCIPLINAの鋳造
Web of Trust
データ開示
PoSコンセンサス、データのプライバシーとセキュリティ
パブリックAPI

DISCIPLINAの鋳造

従来のPoWマイニングとは異なり、DISCIPLINAプラットフォームではエネルギー効率の良いPoS マイニングが利用できます。ユーザーは、トランザクション処理とネットワークのサポート関連する生産的な活動に対して報酬を受け取ることになります。ネットワークは、ユーザの保有するDSCPトークンの量に比例して報酬を配分します。

ミンターへの報酬は、トランザクションで獲得した手数料の一部と、テクニカルプールからトークンにて支払われます。テクニカルプールから分配される報酬のサイズは、プール自体が枯渇しないように、徐々に小さくなります。

Web of Trust

Web of Trustを使用することで、ユーザーは互いへの信頼度を自分達で設定することができます。

架空の教育機関からシステムを保護するため、DISCIPLINAのプロトコルにはPGPに似たWeb of Trustが組み込まれています。各ユーザーは、自身が信頼するシステム参加者を選択することができます。その他のシステムメンバーに対する信頼度については、ユーザーごとに個別に計算されます。従って、私達のネットワークには、教育機関の登録の可否について無制限の権限を持つ「検証センター」はありません。

私達のWeb of Trustによって、リクルーターはどの教育機関と提携すべきなのかが分かるようになっています。学生に与えられた成績の価値は、成績が付与された時点の教育機関の評価によって決まります。

データ開示

個人情報の販売に関しては、統一性を保証することが重要です。私達のチームは、仮想通貨を使用したトランザクションと引き換えに、有効なデータの送信を保証するプロトコルを開発しました。教育機関がパブリックブロックチェーンで検証されていないデータ(たとえば、学生の成績がアップデートされているか否か)を購入者に送信した場合、購入者は損失を被ることはなく、教育機関に一定額の罰金が科されます。同時に、匿名化された無効なデータ部分以外に、送信されたデータが第三者に開示されることはありません。

PoSコンセンサスのアルゴリズム

パブリックチェーンでの取引の有効性を確認するために、いわゆる「立会人」が、高速かつ低価格のトランザクションを実現するProof-of-Stake技術に基づくコンセンサスアルゴリズムを使用します。

PoSアルゴリズムの実装に関するレポートは、プロジェクトの技術文書にその詳細について記載されています。他の仮想通貨と同様に、立会人には各ブロックの生成に対して、それに発生したトランザクション手数料が報酬として与えられます。立会人がブロックリーダーになる確率は、当該立会人のアカウントのトークン数に比例します。

データのプライバシー

学生は、自身の個人情報の一部または全部について、アクセスを拒否することができます。

ユーザーの個人情報は教育機関のプライベートチェーンに保管されます。ネットワークの公開部分には、同データのハッシュのみが格納されます。従って、個人情報は安全かつ厳重に保管されます。

データセキュリティ

DISCIPLINAアーキテクチャにおいては、学生の成績に関するデータを教育機関のプライベートチェーンに保管します。これにより、その教育機関がネットワークの使用を中止したり、機器が故障した場合にデータが使用できなくなるという問題が発生する可能性があります。

DISCIPLINAは、すべてのデータのコピーを学生の個人プロフィールにも保存することによってこの問題を解決します。パブリックチェーン上の古い記録にアクセスしてハッシュをチェックすることにより、データの真正性を容易に証明できます。

パブリックAPI

DISCIPLINAはオープンソースのブロックチェーンです。すべての教育関係並びにリクルート業界関係者が、個人データの保存または処理するプロジェクトにおいて使用することができます。プラットフォームの機能は、DISCIPLINAノードを介して実行されます。また、プラットフォームは、DISCIPLINAノードとのサービスの相互運用に便利なパブリックAPIを提供します。

技術文書には、技術的実現に関する詳細な情報を掲載しており、頻繁に最新情報を更新しています。Yellowpaper

CryptoSec準拠証明書

DISCIPLINA Audit by Quantstamp

DISCIPLINA Audit by Rock’n’Block

お問い合わせ

2021 © Disciplina